カメラと私

趣味は何ですか、と聞かれたら少しだけ困った。
10年以上前に辞めてしまった、あまり上手くないピアノと答えるのは気が引けるから。
旅行に行って写真を撮ることです、と。こちらも大して上手くはないけれど、大切な一眼レフを趣味ということにしている。

カメラ始めてみたいんだよね、一眼レフとか

写真を撮り始めたきっかけは他愛もない一言だった。お葬式も終わってぼんやりと、抜殻のようにただただ日常を過ごしていた時に、生前のそんな言葉を思い出した。気が付けば家電量販店で、良く分からぬまま初心者向けのレンズセットを購入し、ファインダーを覗いて見よう見まねでシャッターを押してみた。

代わりに人生を送りたかった、そういうと大それた理由に聞こえる気もするけど、出来なかった事を叶えたかった。その人の為か、自分の為かは今も分からない。

カメラの良さは、見たかった景色を鮮明にとっておける事。その瞬間、その時の気持ち丸ごと記録できるところ。正確には、記録出来る気がして安心できるところ、かもしれない。

生きていればどんな所だって行ける。
今でもそう信じている。見たかった景色を焼き付けること、これは間違いなく私がしたい事になっている。誰かの為じゃなく、自分が行きたい所に行って、自分の撮りたい写真を撮る。

旅行に行って、写真を撮ること。
私の趣味。

好きなこと

私の、好きなこと。見栄とか、羨望とか、そんなのはどうでもよくて、私が幸せと思える、好きなこと。

 

生きている間に色んな景色を見に行きたい。

写真で切り取って、記録したい。

陽の当たる綺麗な部屋で爽やかに目覚めたい。

大好きなパン屋さんで、コーヒーを飲んで休日の過ごし方を考えたい。

 

心から思える事が幸せ。

もっと増えるといい。

私の暮らし

心の整理のためにブログを始めました。

心の中を文字にして残すことは、自分自身に向き合うこと。残しておきたいことを、形にして残せること。

大切にしたい気持ちを、立ち返りたい時に思い出せること。

取り留めの無いことから、大事にしたい気持ちのことまで、のんびりと記していきたい。